1. ホーム

「どうなる通所介護!」

カテゴリー:

皆様、お元気様でございます。

本日も東京に出勤中です(笑)

今回は一泊二日。

 

さて、本日は厚労省老健補助事業「通所介護等の今後のあり方に関する調査研究事業」の
会議出席のためです。

本日キックオフとなります。

この研究の目的について概要をお伝えしましょう。

平成27年度の報酬改定では、通所介護が果たすべき機能と
サービスについては重点的に加算で評価し、通所介護の評価の方向性が示されました。
(認知症加算、中重度者ケア体制加算、個別機能訓練加算、サービス提供体制強化加算、延長加算)

また、看護職や生活相談員の専従要件を緩和して、より地域の専門機関や地域資源と連携して、
専門職の機能の確保・発揮(看護職:健康状態確認機能、生活相談員:在宅生活継続支援機能)を
推進することが促されました。

一方、社会保障総費用適正化が迫られる中で、介護保険給付においても、
サービスの質を確保しつつ効率的なサービス体系への再構築に向けた実態把握と検証も
要請されてきており、保険給付全体における通所介護事業のあるべき位置づけ
(指定通所介護事業のもつべき固有の役割及び効果、そのための最適な専門職配置・活用、
他の類似事業形態との代替性・補完性等)について検討に資する基礎資料の作成が
課題となっています。

また、利用者本位の視点を堅持しつつ、家族介護者等の介護離職の解消に対し、居宅介護生活を支える
中核的サービスの一つである通所介護の役割発揮のあり方についても、実態を踏まえつつ検討し
整理することが求められています。

このような背景のもと、この研究では、
27年度介護報酬改定後1年間の事業期間を経過した段階での実施進捗状況と対応課題の状況、
実施を通した成果状況を把握し評価することを目的としています。

次に、通所介護事業所の提供サービスが個々の利用者の生活機能の維持や向上に向けて実施している
具体的な内容と職員体制、その結果について把握し、利用者の要介護度や医療的ケアの必要度、
家族介護のタイプに応じて、通所介護事業所が独自に果たすことができる生活機能
(心身機能、活動、一般社会や地域及び家庭での社会参加)の維持向上の役割について、
具体的に明確化するための基礎データを作成することとしています。

以上が研究目的ですが、
当然、この研究結果は次期保険改正に何らかの影響を及ぼすことになりましょう。

 

通所介護は、在宅ケアを支援する中核的なサービスです。

特に地方都市では最も期待されているサービスのように思います。

一方、多方面から事業参入が相次ぎ、多種多様な通所介護が誕生しましたが、
正直言って公金が投入されている事業としては、それに相応しくないと思われるサービスも、
少なくないように感じられます。

先の報酬改定で運営が厳しくなった事業所も多いでしょう。

国はあと四分の一の通所は潰れても致し方ない!?(潰れてもいい)と考えているようです。

しかし、まっとうな運営をしている事業所も巻き込まれる形で、一律一様にぶった切る改定もいかがなものかと思います。

ですから、通所介護の「正しい方向性」が示され、
きちんと事業の質の評価ができることが望まれます。

そうなれば、おそらく基本単価は圧縮され、望ましい機能や質が保たれているところへの加算が手厚くなるのではないでしょうか。

そうなること望みます。

そういう意味でも、本研究は意義深いものと言えるでしょう。

 

さて、今回は全国の通所介護事業所10,000か所に対してアンケートを実施する予定ですが、
中身がかなりのボリュームになりそうで、果たして回収率がどの程度になるか
心配になるところです。

ですが、ありがたく事業をさせていただいているわけですから、事業者も介護保険制度を共に守り育てる気持ちを持ち、より良いものを創るために協力していただきたいものです。

 ———————————————————–
[訪問看護・リハビリ・介護の在宅リハビリケアサービス創心會]
・サービスに関するお問い合わせはこちら|tel.086-420-1500
・求人に関するお問い合わせはこちらまで|tel.086-420-1520
[対象エリア]
岡山市・倉敷市・瀬戸内市・総社市・笠岡市・高松市・福山市

「どうなる介護保険!」

カテゴリー:

皆様、お元気様です。

本日も弾丸出張!東京往復でございます。

日帰りだよ~

てなわけで、移動中にブログを更新しておこう。

 

さて、本日は社会保障審議会介護保険部会の傍聴です。

詳しくは話せませんが、制度対策としてちょこちょこと仕込みをしておりますので、しっかり確認をしていきます。

本日の論点としては、通所リハと通所介護の機能についてと中重度者の在宅支援がポイントになると思われます。

通所に関しては、昔から一本化議論は盛んにされてきましたが、なかなか纏まる気配がありません。

機能別にわかりやすくすればよいのですが、提供者側の利権がらみか!? 目くじら立てる方々がいらっしゃるでね。

以前から申し上げておりますように、リハビリテーションはそれを必要とする方々のためにあるべきです。

医師の指示があるからリハビリテーションの価値があり、指示がなければその価値が無くリハと呼ばせないって言うのもね。

医療の世界ではそうだけど、介護や生活の中でもリハは必要だし、その全てに医療管理が必要とも思えない。

それに、そのような議論が本当に国民のためになっているとも思えません。

 

そして、今回私が注目している論点の二つ目は中重度者の在宅支援です。

看護小規模多機能施設における医療ニーズの調査で、なんと服薬管理に次いでリハのニーズが第2位となっているのです。

看護小規模多機能は地域包括システムを構築する上で、在宅支援の拠点として期待されているところです。

また、現在は地域包括ケアの拠点で訪問リハ機能がどのように位置づけられるのかの議論がほとんどないのが気になるところです。

そこで、提言したいのは、訪問看護Stの療法士がかかりつけ医の指示によってリハサービスが提供できる仕組みにしてしまえば、一挙に解決しますよってことだ。

そんで、看護の一環だとか、類似サービスだとか、わけのわからん文言をつけないことです。

そろそろ丸く収めましょうよ。

 

今日はそれ以外に、財源確保が難しくなっている介護保険制度を持続させるために、保険料の負担の話(現在の40歳以上から大幅に引き下げる?)や、当然それに伴って総合支援法との絡みも出てきますからね。

とにかく、超少子高齢化時代の社会保障の仕組みを再構築するのに待ったなしな感じですね。

さて、どうなることやら…


 ———————————————————–
[訪問看護・リハビリ・介護の在宅リハビリケアサービス創心會]
・サービスに関するお問い合わせはこちら|tel.086-420-1500
・求人に関するお問い合わせはこちらまで|tel.086-420-1520
[対象エリア]
岡山市・倉敷市・瀬戸内市・総社市・笠岡市・高松市・福山市

未来への想い~東京出張~

カテゴリー:

皆様、お元気様です。

大変長らくご無沙汰をいたしておりました。

安心してください。生きています(笑) あかん、もう古いな…

先日、前回ブログで報告して以来久しぶりにバイクに乗りました。

といっても、今回は車検のためショップとの往復のみ(泣)

しばらくはゆっくりツーリングする時間も取れそうにありません。

28日(日)は日帰り弾丸出張、東京往復でした。

片道移動時間が4時間以上はかかりますから、日帰りとなるとそれなりに時間を有効に使わないと…

で、久しぶりにブログの更新をしようかと… 少~し余裕ができたということですな。
(ブログ更新は29日になってしまいました)

 

さて、ご無沙汰している間にもいろんなことがございました。

20周年記念パーティー、本物ケア学会、21期経営方針発表会&あっぱれ還元際等々。

特に20周年を迎え、記念パーティーをさせていただいたことは、多くの励みになりました。

とは言え、お世話になった方々をお招きすることができず、身内だけのパーティーになってしまったことは残念でなりません。しかも、社員全員お呼びすることが叶わず(会場等の問題で)10年以上の勤続者と役職者のみという構成で行いました。次の周年祭もそのような構成にせざるを得ないと思いますが、できるだけ多くの社員に来ていただきたいと思います。

振り返ってみれば、介護保険がなかった頃の大変さ、職員集団退職事件、資金調達ができず相当苦労したこと、(おそらく民間営利企業という理由で!?)行政がやたら厳しかったこと、制度改正で倒産もちらついたこと… まあ苦労の連続でした。

しかし、いろんな困難を経験できたからこそ今があるように思えます。いろんな出来事から多くの学びがありました。

そして何より、多くの人に支えて頂いたからこそ20年間やってこられたのだと思います。

感謝以外の言葉が見つかりません。

この場を借りて、全ての方々に感謝の気持ちを伝えたいです。

そして、これからもどうか暖かく見守っていただき、そしてご指導いただければと思います。

 

 

さて、本日の出張はOT協会の障害保健福祉対策委員会リーダー会議に参加するためでした。本年度から理事として新たに就労支援の担当になったためです。現場の意見を頂戴しながら、制度対策を行っていくことが主な目的です。とはいえ、OT全体にとってはまだまだマイノリティな分野です。制度対策としてはそれ故の難しさがあります。しかし、就労支援はOTの専門性が十分発揮できる領域だと思いますので、盛り上げていければと思っております。

 ———————————————————–
[訪問看護・リハビリ・介護の在宅リハビリケアサービス創心會]
・サービスに関するお問い合わせはこちら|tel.086-420-1500
・求人に関するお問い合わせはこちらまで|tel.086-420-1520
[対象エリア]
岡山市・倉敷市・瀬戸内市・総社市・笠岡市・高松市・福山市

「リフレッシュ!!」

カテゴリー:

皆様、お元気様です。

新年度を迎え、多くの方が心新たにご自身を表現されていることと思います。
共に頑張りましょう!



さて、先週は私も新人研修で講師を務めさせて頂きました。

合計12時間、社会人としての覚悟を問いながら、創心會魂を注入させて頂きました。

新人さんは素直でとても良く吸収してくれていると感じます。

今年は入社数が少なかったのですが、逆に20名弱で研修をしますとギュっと締まっていい感じになります。

話す方も手応え感の伝わり方が違います。

いよいよ今週からは、実技シミュレーション等も含め、より実践を意識した研修へとシフトアップです。

私も後半戦に入りますと更に12時間、入魂の時間を頂く予定になっております。

 

さてさて、この土日は本当に久しぶりに連休をいただきました。

これを逃すと、またしばらく休みの無い日が続きますので、これまた超久しぶりにバイクを走らせました。海を見て、桜を見て、気分爽快じゃ! これぞリフレッシュじゃ!!

1Harley_

オ~ なんと美しいバイクよ! いえ、桜だ!






Harley_2

オ~ なんと美しいバイクよ! いや、海だ!!

ちょっと霞が掛かった海も春らしく、爽やかな風を感じてとてもいい気分に浸りました。

 

*写真じゃ小さく見えるかも知れませんが、これ、排気量1800ccもあるんです。

 

そして愛犬(トイプードル)との時間も…
boss

多分、ブログ初登場ですで。

モモフクです。よろしく。百の福と書いてモモフク。なんていい名前だ。

実は廣田取締役の息子に名付けようと画策していたのですが、さすがに無理があったらしく、抵抗にあってしまったために、彼(御子息)には「源」の字を授け、仕方なく!?愛犬に「百福」の名をくれてやったのである。百福… う~ん実にいい名前だ。

 

そして夜は彼(一応男の子)と夜桜
boss_2

 




そして、日曜はドッグカフェでランチ。
boss_3

癒されるぅ~

社員の一部からは、ペットがトイプーなんて社長のイメージが壊れるから秘密にしておいてください なんて言われたりしますが… ってどんなイメージやねん!

でも、メチャメチャ可愛いモモフク君です。ヨロピク。

いかん、今日は変なモードになってしまった。失礼!

 

随分リフレッシュさせて頂いたので、今日からまた攻めまくりじゃ~

————————————————————————————————-
[訪問看護・リハビリ・介護の在宅リハビリケアサービス創心會]
・サービスに関するお問い合わせはこちら|tel.086-420-1500
・求人に関するお問い合わせはこちらまで|tel.086-420-1520
[対象エリア] 岡山市・倉敷市・瀬戸内市・総社市・笠岡市・高松市・福山市

【新年度直前!! ~あさが来た終わってまうがな~ 】

カテゴリー:
えい!!!2016IMG_4925IMG_4941IMG_4985 皆様、お元気様です。 新年度を迎えるにあたって、創心會本社では入社式が執り行われました。 今年は、18名と例年に比べて非常に少ない新入社員数です。 しかし、入社式での声の大きさは3050人入社した年に引けをとらない、いや、勝っていたのではないかと感じました。 これは、とにかくうれしいことです。 会社を活気付けてくれます。 先日教育関係者の方々が来社されて、今年入社する年代は「ゆとり教育」の影響をもろに受けて育っている、指導の仕方にも注意を要すると教わりました。 少し心配になりましたが、今日の入社式の様子を見れば、志高き優秀な社員さんが多そうだなと期待感が膨らみました。 若者らしく情熱を持って育って頂きたいと思います。 また、例年と大きく異なったのは、リハ職の数(10名)が介護職他(8名)を上回ったことです。 この変化にも驚きです。 世の中でいろんな変化が起きていることを実感します。 ともあれ、入社式でも申し上げましたが、新人さんには、今日まで育てて頂いた感謝の気持ちをご両親にお伝えして、41日からの研修に備え、社会人としての心構えを創っておいて欲しいと思います。   さて、2016年度の国家予算は過去最高の967218億円で成立しました。 社会保障士費も319738億円とこれまた最高を更新です。 一方、税収は増えたとはいえ576040億円、対する新規国債発行額は344320億円です。 2020年までにプライマリーバランスをプラスにするという現政権の目標に対して、皆さんはどのように感じますか? 社会保障費の自然増分をできるだけ抑えたいのは分かりますが、小泉政権の時のように医療・福祉環境が乱されることが心配です。 軽度の要介護者を介護保険から外して大丈夫なのでしょうか。 将来、余計に費用負担増に繋がらないでしょうか。 お金が無いからと言って社会保障ニーズが無くなる訳ではありません。 少子超々高齢社会は大きな大きな課題を抱えています。 創心會グループではこうした社会的な課題に向き合い、事業活動を通じて解決を図っていこうと知恵を絞り新たなチャレンジを繰り返しながら頑張っています。 活躍できる場は山ほどあります。 やるべきことも山ほどあります。 専門職以外でも活躍できる場は山ほどあります。 社会貢献事業に共にチャレンジしてみませんか? 今年度は人事部門も一新してレベルアップを図っています。 来年は今年の分も上乗せして50人以上は採用したいところです。 社会貢献事業を共に盛り上げてくださる若者を大いに歓迎していますので、どうぞよろしくお願い致しますね。 ————————————————————————————————- [訪問看護・リハビリ・介護の在宅リハビリケアサービス創心會] ・サービスに関するお問い合わせはこちら|tel.086-420-1500 ・求人に関するお問い合わせはこちらまで|tel.086-420-1520 [対象エリア] 岡山市・倉敷市・瀬戸内市・総社市・笠岡市・高松市・福山市