1. ホーム

「感謝」

カテゴリー:

皆様、お元気様です!

今年もあと僅かとなりました。

2016年はどんな年でしたか?

私はとにかく動き回った一年だったように思います。

手帳のカレンダーでチェックしてみますと実に60回以上出張に出ていました。

そのうち37回は東京で合計72日間滞在していました。

北海道は学会もありましたので2度行きましたね。

沖縄にも行きました。

訪れた都道府県は15になります。

そして全出張日数は約115日になりますから、
年間3分の1ぐらいは県外に居たことになりますね。

 

一番大変だったのはやはりOT協会の理事の仕事です。

制度対策に関わっているため、各団体との調整や老健事業(通所の在り方研究会)への参加、
社保審の傍聴やロビー活動… このようなことを経験させていただき、
制度がこんな風に作られていくのだな、変えられていくのだなってのが良く分かりました。

そう考えますと、あの訪問看護7の時はあまりに無防備で無策であったのだなと思えます。

はっきり言って職能団体として各団体の動きや審議会での議論をチェックしたり、
そう、まさに諜報活動のようなことをしていなければ、本当にやられちゃいますね。

特に今後は、社会保障財源の確保が難しくなっていく上に、
療法士の数はこれからもしばらくの間増え続けます。


牌の取り合い、まさに陣取り合戦みたいなものなのですから。

これまでは、そんなに深刻でなかったので、療法士たちはのんびりし過ぎていましたね。

 

  

一方で、身分保障を目的とする制度対策だけでは駄目ではないかと思えた一年です。

例えば、在宅認知症者に関われるOTが非常に少ない。

今後の認知症の増加見込みを考えますと、どうやって在宅生活を継続させるのか、
そこにアプローチができ、結果を残せなくてはなりません。

認知症の家族のニーズを考えれば、
認知症対応型通所介護が最も頼れる場所ではないでしょうか。

そこに機能訓練指導員として関わっているOTはほとんどいません。

おそらく、ほとんどが看護師さんではないでしょうか。

人員基準に看護師の配置がありますから、機能訓練指導員と兼務でできるんですね。

少人数のデイサービスになりますから、人件費をコントロールしなければ
すぐ運営は厳しくなります。
そういう意味では兼務の存在はっても貴重なのです。

かといって、OTの配置加算を要望すれば、たちまち利用料に反映され、
今度は利用控えやマネーをマネジメントするケアマネさんからは
敬遠されるようになるでしょうし。


ここで解決できるポイントはただ一つ! 

OTが管理者を兼務することです!!


管理者の配置も必置ですから、そこのポジションができるOTになって、
機能訓練指導員と兼務するのです。

そして結果を出す!

そうすればOTが居る認知症デイサービスはいいね! となります。

それで人気が出てきますと、経営者はOTがほしくなります。

私が事業シミュレーションしたところ、
そういう配置パターンでしっかり経営は成り立ちます。

ですから、このようなビジネスモデルを示したり、
新しい働き方を提言するようなやり方も新しい制度対策の手法だと思います。

 

それをさらに推し進めるために、協会に貸付金制度を提案しました。

定款変更が必要になりますが、その制度はできる方向で動いています。

現在、まだ配置が十分でなくてもOTが活躍できる場を確保していくために、
事業モデル創出のために協会が資金を貸し付けるのです。

そうすれば、教育もできるしデータも取れるしいいことばかりじゃないですか。

それに、OT協会の内部にもっとOTを入れた方がいいですね。

そういう人たちの兼務する場所にも使えますしね。

 

ただ、協会本体はなかなか事業はできないでしょうから、
代わりにやれる法人にやってもらえばいいでしょう。


例えば一般社団法人日本OTイノベーション機構「あからん」とか…

 

まあとにかく職域確保する手法はいくらでもあると思いますが、
前例のないことをやるのはどうも苦手のようですね。

そんなことでこれからの厳しい社会をわたっていけるのでしょうかね~ 少し心配です。

 

さて、出張が多くあったために自法人への関与が随分できていませんでした。

現在創心會は壁にぶち当たっています。

売り上げ規模、社員数、これらを考えますと組織の在り方の変革の必要性を感じます。

 

そして、来年は社会福祉法人の設立も決定しました。

内向きエネルギーも必要な時期になったのです。

 

そして、OT協会理事選挙の時期です。

両立できるのか…

悩みまくりましたが、やはり平成30年の制度改正に向けて活動中ですから、
中途でやめるわけにもいきません。

ということで、昨日、立候補届を出しました。

来年もまた忙しくなりそうです。

それでも、明るい年にしたいものですね。

 

今年も大勢の方々に支えていただきました。

心から感謝を申し上げます。

来年もよろしくお願いいたします。

 

それでは皆様、良いお年をお迎えくださいませ。

一年間ありがとうございました。

 ——————————————————————

[訪問看護・リハビリ・介護の在宅リハビリケアサービス創心會]
・サービスに関するお問い合わせはこちら|tel.086-420-1500
・求人に関するお問い合わせはこちらまで|tel.086-420-1520
[対象エリア]
岡山市・倉敷市・瀬戸内市・総社市・笠岡市・高松市・福山市

どこでもドアをください

カテゴリー:
皆様、お元気様です。


ようやく涼しくなったと思いきや、またまた暑さがぶり返してきましたね。

体調管理に気を付けてくださいね。

私は先週木曜から日曜日の4日間東京で仕事をし、

昨日月曜日は倉敷で新規事業について行政から丸々4時間以上もヒアリングを受け

今日また東京です。疲れている暇もありません。

そして明日は岡山に帰りますが、金曜日には再び東京です。

ドラえもんから「どこでもドア」をいただきたいものです。

ドラえもんを見かけたら教えてください。

 

さて今月5日にリハ関連団体の報酬対策の会議があったのですが、

私は当日中にどうしても岡山に帰らなければならず、

最終列車に乗るため
30分ほど早く中座したのです。


その後の議論の中で

「訪問看護ステーションからの療法士の訪問をリハ扱いにすること」

という要望をある団体から出されたらしいのです。

しかし、すぐさまその意見は否定的に扱われたそうです。

理由は…? 厚労省が否定しているから? リハ医がいないと質が担保されない?

そんな理由は理由になりますかね?

コメが必要とされる中でコメの作り方を議論したりコメの品質について議論するより、

まずは水田を作れってことじゃないのか?と私は思います。

訪問リハステーションを作れば多くの課題は解決に向かうはずです。

 

更に、訪問看護からのリハ職の訪問が大きな逆風にさらされそうになっています。

論点としては、訪問看護ステーションでの行き過ぎるリハ職の増加、

そして、訪問看護費用の増加が、リハ職の訪問であったり

精神訪問看護(
OT含む)の伸びによるもので、本来の訪問看護の成長の足枷になっていると。

みなさん、この論点についてどう思います?

おかしいですよね。

 

回復期もいよいよ本格的にメスを入れられ、次は老健です。

これからリハ職はどうするのでしょうか?

やはり正面切って「訪問リハステーション」の制度化を勝ち取らなければ、

将来は厳しいことになりそうです。


平成
30年、そして33年に向けて、

気合を入れて戦う姿勢が必要ではないでしょうか。

逃げ腰ではない、強い態度でのロビー活動、

要望活動を職能団体として見せる時ではないでしょうか。

 ——————————————————————

[訪問看護・リハビリ・介護の在宅リハビリケアサービス創心會]
・サービスに関するお問い合わせはこちら|tel.086-420-1500
・求人に関するお問い合わせはこちらまで|tel.086-420-1520
[対象エリア]
岡山市・倉敷市・瀬戸内市・総社市・笠岡市・高松市・福山市

「OT働き方革命!?」を講義する

カテゴリー:

皆様、お元気様でございます。

本日は高知県にやってきております。

毎年土佐リハに呼んでいただき講義をさせていただいております。

もともと本籍が四国(愛媛)ということもありますし、
土佐リハの設立委員にも名を連ねていたこともあって、
馴染みの深い養成校であり、毎年楽しみに来させていただいています。

昔は、老年期の作業療法や地域作業療法の話が多かったように思いますが、
最近では起業や事業所の運営について話すようオーダーをいただいています。

それだけにこちらとしても楽しませていただいているのです。

 

ただ、どういう思いで起業し、何のために事業をやっているのか、
作業療法士が起業する意味はどこにあるのかなどを話したり、
地域にどの様な社会的ニーズが存在し、実際にどういう事業展開をすればいいのかを
具体例を使って話していくと、いただいている
2コマという時間では、
若干消化不良気味でもあります。

一方、以前は丸一日講義をしても平気だったのですが、
今では
2コマ気持ちを込めて話をするとそれなりにへとへとになってしまいます。

少し情けないですが…

今後は2コマでいかに多くのことをわかりやすく話をするように
工夫がいるな~と感じているところです。

 

さて、OTには開業権はないけれど、
作業療法を活かして起業することは日本国憲法で保障されているんですよ~ 

というお話をさせていただくと 

「へぇ~」というリアクションが返ってきます。

OTは、地域で活躍できる要素を多分に持っておりますが、
地域(医療機関以外)で雇われて活躍をするには、
まだまだ制度的にもハードルが多くあります。

一方、療法士たちの需給関係が崩れてきて身分保障も
ままならなくなるのではないかと(特に医療機関において)
心配になる状況が生まれつつあると思います。

そういう意味でもOTの働き方革命が求められているのではなかろうかと思うのです。

その一つが「起業」ということになるのですが、
そのためにも、マネジメント力を鍛えていくことが必要だし、
社会的な常識ももっと身に付ける必要がありそうです。

今日も講義で話したのですが、就職先を決めるにしても、
一般的には就職先の経営の安全度を見るものです。

一般企業に就職する人は、例えば財務表を見て
流動比率や自己資本がこうなっているから経営的な安全性は問題ないとか…

でも医療の世界では経営できて当たり前の時代が長かったものですから、
そういった測り方をする習慣が全くないんですよね。

でも、今後は病院の経営もどうなるものかわかったもんじゃありません。

地域に出るにしても、介護施設を運営する法人だって
倒産する危険性もあるわけです。

なので、経営の安全性を見たり、経営理念を確認したり、
教育環境が整っているのか、法人の風土は自分の感性に合っているのか、
確認すべき事項は沢山ありますよね。

ですから、就職活動に入るリハ専門職の方々は
いろいろと確認をなさってくださいね。

そして、起業する力を持っている人はぜひチャレンジしてみてください。

ちなみに創心會ではそういう方も来ていただいて学んでいただくことも可能です。

 

また、
OTとして今後主体性を持って活躍できそうな事業についても
お話しさせていただきました。

これは、モデル的にも進めていきたいことですので、
いずれ、このブログでも紹介していければ良いなと考えています。

そして、
OT協会にも働きかけて、OTの事業運営マニュアルのようなものも
同時に作っていきたいと考えています。

 

さて、今から高知の夜を楽しみます。

旨いもんがいっぱいありますので、疲れも一気に吹き飛んでしまうのです。

それでは皆様ごきげんよう。
———————————————————–
[訪問看護・リハビリ・介護の在宅リハビリケアサービス創心會]
・サービスに関するお問い合わせはこちら|tel.086-420-1500
・求人に関するお問い合わせはこちらまで|tel.086-420-1520
[対象エリア]
岡山市・倉敷市・瀬戸内市・総社市・笠岡市・高松市・福山市

地域包括ケアシステムとリハビリテーション

カテゴリー:

皆様、お元気様でございます。
本日も東京出勤中の車中です。

今日は、なんだか気が進まない中での移動です。
まあ、こんな日もある。  

さて、明日はいよいよ地域包括ケアシステムにおける
リハビリテーションの在り方検討会の第一回目が開催されます。

本当にようやくって感じです。

この検討会を企画してくださったのはPT協会の半田会長です。
本当によくぞ企画してくれたと感謝申し上げたい。
というのも、地域包括ケアシステムが構想された当時のポンチ絵の中には
間違いなく訪問リハビリテーションという文字があったのですが、
いつしかその文字が消えてしまったのです。

そして、地域包括ケアの中でリハがどのような役割を担うのか、
どういう仕組みでサービスを提供するのか、
全く議論のないまま今日に至っているのです。


私自身も、OT協会理事として、
このことに対する懸念は何度となく理事会の場においても発言をしていますが、
ほとんどレスポンスのないままでした。

そういうわけなので、このような会が開催されるのは大変喜ばしいことなのです。

私はオブザーバーですが参加させていただくことになりました。
知っている方々が何名もいらっしゃいますので、
意見が反映できるようなアプローチも考えたいと思います。
 

そして、地域包括ケアシステムを構築する上で核になるのは訪問看護ステーションだと思います。
そこに介護が絡めば、看護・リハ・介護が一体的にサービス提供が可能になる。
看護小規模多機能施設であれば、
訪問・通い・泊まりでそれらのサービス(看護・リハ・介護)が必要に応じて受けられるのである。

こんな素晴らしいことはない。
そのためにも、訪問看護ステーションの療法士の訪問を「リハ扱い」にしなければならないのです。
大事なことはリハ専門職が自立支援、生活行為の向上に直接働きかけることができる仕組みを作ることです。

はっきり言って、リハ医の指示がなければならないってことではありません。
それはかかりつけ医だけで十分なはずです。
なぜなら、対象者は要介護状態ではあるけれど、
地域に暮らしている生活者であり、患者ではないからです。
 

医療の枠組・仕組みにこだわり続けてはいけない。
リハ医が主張するロジックを取り入れすぎると地域包括ケアは後退してしまうでしょう。

リハ医は己の権利を主張するのではなく、
国民のことを第一に考え、
療法士たちの能力を最大限発揮させることを考えた方がいい。


血相変えて「リハ医が指示を出さないとリハとは言わないんだ!」などと
言っている姿ははっきり言って見苦しい。

そんなことを上から目線で言ってる暇があるのなら、
訪問看護ステーションや、通所介護でリハ医が直接指示ができるように
自分たちで働きかければ良いではないか。

その方がよっぽど国民に喜ばれるってもんだ。

もう一度言おう。
大事なことは、リハ医の指示云々ではなく、
リハ専門職が自立支援・生活行為の向上に直接働きかけ、
多くの方々の活動と参加の状況を改善するための仕組みであるはずだ。
 

 ———————————————————–
[訪問看護・リハビリ・介護の在宅リハビリケアサービス創心會]
・サービスに関するお問い合わせはこちら|tel.086-420-1500
・求人に関するお問い合わせはこちらまで|tel.086-420-1520
[対象エリア]
岡山市・倉敷市・瀬戸内市・総社市・笠岡市・高松市・福山市

「相棒のガラケーが重体に!」

カテゴリー:

皆様、お元気様です。

本日も東京に移動中につきブログの更新といきますか。

keitai 

さて、昨日ですが携帯電話で大事な話をしている真最中に突然通話が切れました。

電波が悪いわけでもなさそう… 

充電もしっかりしていたので電池切れでもない。

電話の画面を見ると真っ黒!

うんともすんとも言いません。

バッテリーを入れ直したりいろいろやってはみたものの
復活する気配がありません。

5年以上使用しているガラケーですからね。

それでも56年しか持たないのでしょうか?

 

仕方なく電話としてはほぼ使用していないスマホでかけ直しました。

それで気づいたのですが、通話の音質がこんなにも違うのか!ってこと。

だんだん通話の音質が劣化していたんですね。

そういえば、最近聞き取りづらいことも増えた。

特に母との電話は大変でした。

向こうも古いガラケーです。

うちのおふくろは声もでかいから、余計に音が割れる。

「えっ 何?」なんて言おうもんなら、
更に声がでかくなるもんで、ほぼ理解不能状態に。

この前の母の日にスマホをプレゼントしようと試みたのだが、
「ポイントがどうだこうだ」と言うもんですから断念。

離れて暮らしていますし、今後のことを考えますと、
便利なスマホに早く慣れていてほしいというのもあるんですけどね。

 

さてさて、その後ショップに持って行ったのですが、
受付のお嬢さんに触られて機嫌がよくなったのでしょうか?


一度電源ボタンを押しただけで「あっ、入りましたね」だって!

なななんなの? あんだけいろいろやって無反応だったのに…

それでも、症状を考えると大事なデータはバックアップしておいてくださいね
とアドバイスを受け、ショップを後にしました。

今日も今のところ大丈夫なようです。

 

先ほども申しましたが、スマホも持っています。

しかし、電話の使用感やメールの入力などは、
ガラケーの方が便利なんですよね。

スマホの方は、PCメールの受信だったり、
ネット検索、ライン、それに新幹線の予約とかに重宝している。

電話に慣れればこれ一台で済むのか~

さてさて、どうしたもんじゃろの~

  ———————————————————–
[訪問看護・リハビリ・介護の在宅リハビリケアサービス創心會]
・サービスに関するお問い合わせはこちら|tel.086-420-1500
・求人に関するお問い合わせはこちらまで|tel.086-420-1520
[対象エリア]
岡山市・倉敷市・瀬戸内市・総社市・笠岡市・高松市・福山市