「できる」を「知る」ことの大切さ

カテゴリー:

皆様、お元気様です。

今週も火曜日から本日まで東京で活動しております。

今回は、夕方の超満員電車を経験しました。

これまでにも何度か体験しましたが、今回はこれまでで最強です。

おかげで膝や腰に違和感が生じております。

多分、慣れていらっしゃる都会人は
身を任せるようにされているんでしょうけれど、
慣れない田舎者は普段経験することのない隣の人との距離感に、
構えて抵抗しちゃうんですね。

だから、必要以上に身体に力が入り、
予測できない電車の動きに適応できず関節に余計な負担をかけてしまうのでしょう。

本当にあれを毎日経験している人、あっぱれです。

私には無理です。

 

 

さて、もっと早く告知するべきでしたが、
明日、創心會大祭りを開催します。

今回で3回目になります。

このイベントの目的は「できる」を「知る」ことにあります。

活動・参加を推進するリハケアには、
この「できるを知る」ことがとても重要です。

特に中途障害の方は、これまでできていたことができなくなったことで
大きな喪失感が生じます。

それが原因で生きる気力さえなくしてしまった方々を多くみてきました。

何かにチャレンジする度に
「できない」ことを認識させられる心のダメージが、
「気力」を奪っていくメカニズムは容易に理解することができます。

しかし、本当にできなくなってしまったのでしょうか。

確かに「前のようにはできなくなっている」のかもしれません。

しかし、御本人が思っている以上に「できている」ことは多くあるように思います。

そこにスポットを当てることはとても重要なことです。

また、かかわるスタッフは対象者より人生経験が少なかったり、
また専門職としての経験値もそれほどでもない人も多く居ます。

「できる」ということを知らずにいることも多いのです。

しかし、「できる」ことを知らなければ
それに対してアプローチすることができません。

御本人も知らなければそこに向かうこともできません。

ですから、こうした課題を解決するために、
既に「できる」を「知った」方々に参加していただき発表してもらうのです。

こうした「生の事例」は
目標を見失った方々には大きな刺激になりますし、
かかわるスタッフは大きな気付きを得ることになり、
アプローチ手法のバリエーションが増えることにつながります。

また、「できた結果」にはそこに至るまでのストーリーがあります。

そこに触れたとき、心が大きく反応します。

気力を失った方々でも必ず心が動くと思います。

スタッフはその動きをキャッチして
それを増幅させていただきたいのです。

心が動けば必ず動きが変わります。

「活動」へのアプローチは
意欲への働きかけが重要と言われますが、
そのためには心の動きを知ることから始めなければといつも思います。

そして
心が動けばすかさず「それをする(=活動)」ための「環境」を整えていくことです。

 

とにかく、「できる」ということを知っていただき、
それを共有してもらうことがこの大祭りの目的です。

久しぶりに私も講演させていただき、この大祭りの意義を発信いたします。

ご興味のある方はぜひ足をお運びくださいませ。

第3回創心會大祭りの概要↓
http://www.soushinkai.com/news/4155/


——————————————————————

[訪問看護・リハビリ・介護の在宅リハビリケアサービス創心會]
・サービスに関するお問い合わせはこちら|tel.086-420-1500
・求人に関するお問い合わせはこちらまで|tel.086-420-1520
[対象エリア]
岡山市・倉敷市・瀬戸内市・総社市・笠岡市・高松市・福山市