どこでもドアをください

カテゴリー:
皆様、お元気様です。


ようやく涼しくなったと思いきや、またまた暑さがぶり返してきましたね。

体調管理に気を付けてくださいね。

私は先週木曜から日曜日の4日間東京で仕事をし、

昨日月曜日は倉敷で新規事業について行政から丸々4時間以上もヒアリングを受け

今日また東京です。疲れている暇もありません。

そして明日は岡山に帰りますが、金曜日には再び東京です。

ドラえもんから「どこでもドア」をいただきたいものです。

ドラえもんを見かけたら教えてください。

 

さて今月5日にリハ関連団体の報酬対策の会議があったのですが、

私は当日中にどうしても岡山に帰らなければならず、

最終列車に乗るため
30分ほど早く中座したのです。


その後の議論の中で

「訪問看護ステーションからの療法士の訪問をリハ扱いにすること」

という要望をある団体から出されたらしいのです。

しかし、すぐさまその意見は否定的に扱われたそうです。

理由は…? 厚労省が否定しているから? リハ医がいないと質が担保されない?

そんな理由は理由になりますかね?

コメが必要とされる中でコメの作り方を議論したりコメの品質について議論するより、

まずは水田を作れってことじゃないのか?と私は思います。

訪問リハステーションを作れば多くの課題は解決に向かうはずです。

 

更に、訪問看護からのリハ職の訪問が大きな逆風にさらされそうになっています。

論点としては、訪問看護ステーションでの行き過ぎるリハ職の増加、

そして、訪問看護費用の増加が、リハ職の訪問であったり

精神訪問看護(
OT含む)の伸びによるもので、本来の訪問看護の成長の足枷になっていると。

みなさん、この論点についてどう思います?

おかしいですよね。

 

回復期もいよいよ本格的にメスを入れられ、次は老健です。

これからリハ職はどうするのでしょうか?

やはり正面切って「訪問リハステーション」の制度化を勝ち取らなければ、

将来は厳しいことになりそうです。


平成
30年、そして33年に向けて、

気合を入れて戦う姿勢が必要ではないでしょうか。

逃げ腰ではない、強い態度でのロビー活動、

要望活動を職能団体として見せる時ではないでしょうか。

 ——————————————————————

[訪問看護・リハビリ・介護の在宅リハビリケアサービス創心會]
・サービスに関するお問い合わせはこちら|tel.086-420-1500
・求人に関するお問い合わせはこちらまで|tel.086-420-1520
[対象エリア]
岡山市・倉敷市・瀬戸内市・総社市・笠岡市・高松市・福山市