地域包括ケアシステムとリハビリテーション

カテゴリー:

皆様、お元気様でございます。
本日も東京出勤中の車中です。

今日は、なんだか気が進まない中での移動です。
まあ、こんな日もある。  

さて、明日はいよいよ地域包括ケアシステムにおける
リハビリテーションの在り方検討会の第一回目が開催されます。

本当にようやくって感じです。

この検討会を企画してくださったのはPT協会の半田会長です。
本当によくぞ企画してくれたと感謝申し上げたい。
というのも、地域包括ケアシステムが構想された当時のポンチ絵の中には
間違いなく訪問リハビリテーションという文字があったのですが、
いつしかその文字が消えてしまったのです。

そして、地域包括ケアの中でリハがどのような役割を担うのか、
どういう仕組みでサービスを提供するのか、
全く議論のないまま今日に至っているのです。


私自身も、OT協会理事として、
このことに対する懸念は何度となく理事会の場においても発言をしていますが、
ほとんどレスポンスのないままでした。

そういうわけなので、このような会が開催されるのは大変喜ばしいことなのです。

私はオブザーバーですが参加させていただくことになりました。
知っている方々が何名もいらっしゃいますので、
意見が反映できるようなアプローチも考えたいと思います。
 

そして、地域包括ケアシステムを構築する上で核になるのは訪問看護ステーションだと思います。
そこに介護が絡めば、看護・リハ・介護が一体的にサービス提供が可能になる。
看護小規模多機能施設であれば、
訪問・通い・泊まりでそれらのサービス(看護・リハ・介護)が必要に応じて受けられるのである。

こんな素晴らしいことはない。
そのためにも、訪問看護ステーションの療法士の訪問を「リハ扱い」にしなければならないのです。
大事なことはリハ専門職が自立支援、生活行為の向上に直接働きかけることができる仕組みを作ることです。

はっきり言って、リハ医の指示がなければならないってことではありません。
それはかかりつけ医だけで十分なはずです。
なぜなら、対象者は要介護状態ではあるけれど、
地域に暮らしている生活者であり、患者ではないからです。
 

医療の枠組・仕組みにこだわり続けてはいけない。
リハ医が主張するロジックを取り入れすぎると地域包括ケアは後退してしまうでしょう。

リハ医は己の権利を主張するのではなく、
国民のことを第一に考え、
療法士たちの能力を最大限発揮させることを考えた方がいい。


血相変えて「リハ医が指示を出さないとリハとは言わないんだ!」などと
言っている姿ははっきり言って見苦しい。

そんなことを上から目線で言ってる暇があるのなら、
訪問看護ステーションや、通所介護でリハ医が直接指示ができるように
自分たちで働きかければ良いではないか。

その方がよっぽど国民に喜ばれるってもんだ。

もう一度言おう。
大事なことは、リハ医の指示云々ではなく、
リハ専門職が自立支援・生活行為の向上に直接働きかけ、
多くの方々の活動と参加の状況を改善するための仕組みであるはずだ。
 

 ———————————————————–
[訪問看護・リハビリ・介護の在宅リハビリケアサービス創心會]
・サービスに関するお問い合わせはこちら|tel.086-420-1500
・求人に関するお問い合わせはこちらまで|tel.086-420-1520
[対象エリア]
岡山市・倉敷市・瀬戸内市・総社市・笠岡市・高松市・福山市

「相棒のガラケーが重体に!」

カテゴリー:

皆様、お元気様です。

本日も東京に移動中につきブログの更新といきますか。

keitai 

さて、昨日ですが携帯電話で大事な話をしている真最中に突然通話が切れました。

電波が悪いわけでもなさそう… 

充電もしっかりしていたので電池切れでもない。

電話の画面を見ると真っ黒!

うんともすんとも言いません。

バッテリーを入れ直したりいろいろやってはみたものの
復活する気配がありません。

5年以上使用しているガラケーですからね。

それでも56年しか持たないのでしょうか?

 

仕方なく電話としてはほぼ使用していないスマホでかけ直しました。

それで気づいたのですが、通話の音質がこんなにも違うのか!ってこと。

だんだん通話の音質が劣化していたんですね。

そういえば、最近聞き取りづらいことも増えた。

特に母との電話は大変でした。

向こうも古いガラケーです。

うちのおふくろは声もでかいから、余計に音が割れる。

「えっ 何?」なんて言おうもんなら、
更に声がでかくなるもんで、ほぼ理解不能状態に。

この前の母の日にスマホをプレゼントしようと試みたのだが、
「ポイントがどうだこうだ」と言うもんですから断念。

離れて暮らしていますし、今後のことを考えますと、
便利なスマホに早く慣れていてほしいというのもあるんですけどね。

 

さてさて、その後ショップに持って行ったのですが、
受付のお嬢さんに触られて機嫌がよくなったのでしょうか?


一度電源ボタンを押しただけで「あっ、入りましたね」だって!

なななんなの? あんだけいろいろやって無反応だったのに…

それでも、症状を考えると大事なデータはバックアップしておいてくださいね
とアドバイスを受け、ショップを後にしました。

今日も今のところ大丈夫なようです。

 

先ほども申しましたが、スマホも持っています。

しかし、電話の使用感やメールの入力などは、
ガラケーの方が便利なんですよね。

スマホの方は、PCメールの受信だったり、
ネット検索、ライン、それに新幹線の予約とかに重宝している。

電話に慣れればこれ一台で済むのか~

さてさて、どうしたもんじゃろの~

  ———————————————————–
[訪問看護・リハビリ・介護の在宅リハビリケアサービス創心會]
・サービスに関するお問い合わせはこちら|tel.086-420-1500
・求人に関するお問い合わせはこちらまで|tel.086-420-1520
[対象エリア]
岡山市・倉敷市・瀬戸内市・総社市・笠岡市・高松市・福山市

「横浜銀蠅に元気をもらう!?」

カテゴリー:

皆様、お元気様でございます。

本日も中一日置いて東京に出勤中です。

今回は週末いっぱいまで滞在です。

少し疲労が蓄積しているのか、
どうも体調がすぐれない中での移動です。

頭の中で横浜銀蠅の「ツッパリハイスクールロックンロール」を
鳴らして元気を出しているところ。

♪今日も元気にドカンを決めたらヨーラン背負ってリーゼント!! イエイ♪♪

ってやつ。

読者の中で分かる人どれほどいるでしょうか…

(わかった人はぜひ声をかけてくださいね)

 

今回の予定を紹介させてもらいますね。

本日は、午後から全国介護事業者協議会の理事会です。

明日の午前中はOT協会の制度対策部会、午後から理事会。

日曜日は同じくOT協会の保険対策委員会となっております。

平成30年の同時改定に向けていよいよ正念場になりつつありますので、
体調悪いぐらいで休んでいられません。

 

仕事をしていますと、大事な時に居ない人っていませんか?

誤解を恐れず、経営者として言わせていただくと、
大事な時に居ない人には大事な仕事を任せられません。

あてにできるかできないかはとても重要なポイントなのです。

幹部にできるかできないか、割と早い段階での判断基準なります。

大事な時には、
まず、体調管理してコンディションを管理、合わせることが必要ですね。

気持ちをつくっておくと体調も整いやすい。

それでも体調崩すと今度は気合よ!

気合と根性で乗り切る。

それでもダメなときはごめんなさいです。

 

現場を持っている人は現場が大事ですよね。

なんせ待ってくれている方が大勢いらっしゃいますから。

なのでプロとして健康管理は仕事のうち。

弊社全体会議でも言いましたけど、
今年のような猛暑の後の秋口からは、体調崩す人多くなりますから、
特に体調管理が大事です。

気を緩めないようにお願いしいますね。

と体調がすぐれない人が申しております。。。

 

でも、自分が一人で現場を回していたときは、
たぶん一度も休んだことがありません。

年間4000時間ぐらい働いていた時でもね。

気が抜けなかったからだろうね。

病は気からってあながちウソではないよね。

 

さて、新幹線の中、
えらそうに言ったくせに、ちょっと休ませていただくことにしましょう。

お休みなさい。

 ———————————————————–
[訪問看護・リハビリ・介護の在宅リハビリケアサービス創心會]
・サービスに関するお問い合わせはこちら|tel.086-420-1500
・求人に関するお問い合わせはこちらまで|tel.086-420-1520
[対象エリア]
岡山市・倉敷市・瀬戸内市・総社市・笠岡市・高松市・福山市

職能としての自立を目指そう

カテゴリー:

皆様、お元気様でございます。

北海道から帰って中一日、早速東京に出勤です(泣)

息つく暇もなくって感じだな。

会社では出張中に上がった書類の確認や決済処理、
そして取締役会を開催して主に新規案件の確認程度のことしかできず…でした。

今は踏ん張り時、サクサクやらなければならない時だと思って頑張るしかない。

それでも、会社のことをしっかり守ってくれる役員、
社員が居てくれるからこそできることだとつくづく思います。

 

さて、今日は全国リハビリテーション医療関連団体協議会の
1回目報酬対策委員会に参加です。

私は今回から招集がかかったのですが、実は、以前からこの協議会の意義に
関してやや否定的な見方をしていた一人です。

この協議会はリハに関連する10の団体からなっており、
そこで共通する制度改正対策をするのでありますが、
そんなに共通利益があって動けている状況ではなくなりつつあると思っています。

むしろ制度対策にPTOTSTが利用されているだけのような気がします。

療法士たちの年収は下がり続けています。

報酬アップで確保された分が療法士たちに還流されていると思えません。

身分保障もままならない状況が近づいているように感じます。

アベノミクスはトリクルダウン政策が基本のようですが、大企業(病院・医師)
ばかりがいい思いをして、地方や中小零細企業(地域・療法士)はまだその恩恵を
感じることがありません。

その構造に似ていませんかね~?

それと、医師が入りますと、同士というよりは労使の関係に近くなっています。

特に、療法士が地域に出ていくためには、リハ医よりかかりつけ医との連携強化が
重要だと思うのですが、それを嫌がっているように思えます。

それを裏付けるように、報酬改定のたびに、地域療法士(起業療法士?)に対する
ネガティブキャンペーンを行うリハ医もいます。

つまり、微妙な利害関係にあるのが現在のリハ関連団体ではないでしょうか。

ここはリハ専門職が(関連団体ではなく)団結して、未来の療法士たちの
居場所確保に専念するべきだ、と私は考えているのであります。

 

あ~あ、また叱られるな~

 

「いざ! 出陣!!  今年は甲冑着ないけど・・・」

カテゴリー:

皆様、お元気様でございます。  

さて、中二日おいて今日から日曜日まで北海道です。

今年2度目の北海道ですが、今回はOT学会に参加するためです。

学会にあわせて、OT連盟の三役会や、OT起業家の集会「OT経営サミット」なども行なわれます。

むしろそっちの方が忙しくなるかもです。

サミットでは介護保険外の事業について少々話をさせてもらうことになっています。

でも実を言うと何を話すか決めかねています。

就労移行の話をするか、農福リハ連携の話をするか、多数決で決めようかな。

 

さて、学会には直接学びの機会以外にも旧知の仲間に会って、互いの近況を報告しあったり、いろんなネットワークが拡がったりする貴重な機会にもなります。

勿論毎日深夜まで呑みながら…であることは言うまでもありませんが。 

とりあえず行って参ります!!