「どうなる介護保険!」

カテゴリー:

皆様、お元気様です。

本日も弾丸出張!東京往復でございます。

日帰りだよ~

てなわけで、移動中にブログを更新しておこう。

 

さて、本日は社会保障審議会介護保険部会の傍聴です。

詳しくは話せませんが、制度対策としてちょこちょこと仕込みをしておりますので、しっかり確認をしていきます。

本日の論点としては、通所リハと通所介護の機能についてと中重度者の在宅支援がポイントになると思われます。

通所に関しては、昔から一本化議論は盛んにされてきましたが、なかなか纏まる気配がありません。

機能別にわかりやすくすればよいのですが、提供者側の利権がらみか!? 目くじら立てる方々がいらっしゃるでね。

以前から申し上げておりますように、リハビリテーションはそれを必要とする方々のためにあるべきです。

医師の指示があるからリハビリテーションの価値があり、指示がなければその価値が無くリハと呼ばせないって言うのもね。

医療の世界ではそうだけど、介護や生活の中でもリハは必要だし、その全てに医療管理が必要とも思えない。

それに、そのような議論が本当に国民のためになっているとも思えません。

 

そして、今回私が注目している論点の二つ目は中重度者の在宅支援です。

看護小規模多機能施設における医療ニーズの調査で、なんと服薬管理に次いでリハのニーズが第2位となっているのです。

看護小規模多機能は地域包括システムを構築する上で、在宅支援の拠点として期待されているところです。

また、現在は地域包括ケアの拠点で訪問リハ機能がどのように位置づけられるのかの議論がほとんどないのが気になるところです。

そこで、提言したいのは、訪問看護Stの療法士がかかりつけ医の指示によってリハサービスが提供できる仕組みにしてしまえば、一挙に解決しますよってことだ。

そんで、看護の一環だとか、類似サービスだとか、わけのわからん文言をつけないことです。

そろそろ丸く収めましょうよ。

 

今日はそれ以外に、財源確保が難しくなっている介護保険制度を持続させるために、保険料の負担の話(現在の40歳以上から大幅に引き下げる?)や、当然それに伴って総合支援法との絡みも出てきますからね。

とにかく、超少子高齢化時代の社会保障の仕組みを再構築するのに待ったなしな感じですね。

さて、どうなることやら…


 ———————————————————–
[訪問看護・リハビリ・介護の在宅リハビリケアサービス創心會]
・サービスに関するお問い合わせはこちら|tel.086-420-1500
・求人に関するお問い合わせはこちらまで|tel.086-420-1520
[対象エリア]
岡山市・倉敷市・瀬戸内市・総社市・笠岡市・高松市・福山市