訪問リハ管理者研修~財務が見れるかい!?

カテゴリー:

皆様、お元気様です。

 

吾輩、本日は山形県に向かい冬将軍様に戦いを挑みに行っておるところじゃ。

なんて強がっておりますが、雪が大の苦手でございまして…

倅が北海道に住んでいるのですが、雪の季節に行ったことは一度もありません。

先々週、今回お招きただいてる山形の先生から、今年は暖冬で雪がありませんと伺って安心しておりましたが、私の山形入りに合わすかのごとく、えらい気合の入った冬将軍が戦いを挑んできたのであ~る。

おいおい!

まぁせっかくなので人生初の大雪を体験するでござるよ。

 

さてさて、先週は大阪で開かれた「訪問リハ管理者研修Step3」に講師として参加して参りました。

Step3は最終Stepということで、より高度な管理能力が求められます。

私の担当は、経営数値の見かたと事業計画の立て方です。

とううことで、療法士の皆様に貸借対照表、損益計算書、キャッシュフロー表などの簡単な読み方をお教えさせていただきました。

管理者レベルでそこまで要求されるのかな?とも思いますが、弊社では普通にセンター長レベルには教え込んで見れるようにしております。

(理解してるかは???ですが)

事業は収支が合わなければ存続しません。

経営が苦しくなると、いくら「顧客第一」といったところで、背に腹は代えられにとばかりに「資金繰り第一」になってしまします。

そうなっては、良質なサービスを安定して提供できなくなります。

私は、介護保険ができる前から事業に取り組んでおりましたから、資金繰りに苦しくなるとどうなってしまうかは身を持って体験していますのでよくわかるのです。

また良質なサービスを普及させるためには、経営を安定させてビジネスモデル化すること、スタッフに安心してサービスに取り組んでもらうことが何より大切なことと思います。

事業運営は無策でいると必ず売り上げは減少し経費は上昇します。

よって生産性は低下し利益を落としてしまいます。

管理者はスタッフに安心して働いてもらうためにも、生産性の良い事業所を目指してもらわなければなりません。

なので管理者は役員並みの能力が求められるということです。

財務諸表を見て、事業所が健全な運営ができているかどうかを診断する力が求められるわけですね。

我々が健康診断を受けて心身状態を数値で把握して対策を立てるということと同じです。

 

さて、生産性の良い事業所とは?

・一人あたりの売上がよく労働生産性が高い

・可能な限り給料を多く支払って

・それでいて人件費率のバランスが良い

ということになります。

 

生産性!などというと、さも売上!売上!と聞こえるかもしれませんが、決してそれだけではないのです。

良い事業所とは、働き手にとっても良い事業所である必要があります。

だからこそ良いサービスが提供できるわけです。

ですから、管理者の皆さんは他人事ではなく、我事としてとらえ万策を練っていただきたいのであります。

それが世のため人のため、そして自分のためでござるよ。

 

管理者研修を受講された皆様、退屈だったでしょうけれど、「ほんまもん」の管理者になるには、避けて通れない道なのでござるよ。

本当にお疲れ様でございました。

良い事業所を築き上げてください。

応援しております。

 

ほんじゃ、

待っとれや~ 冬将軍! 俺様がのめして

お~ 寒っ!!!
————————————————————————————————-
[訪問看護・リハビリ・介護の在宅リハビリケアサービス創心會]
・サービスに関するお問い合わせはこちら|tel.086-420-1500
・求人に関するお問い合わせはこちらまで|tel.086-420-1520
[対象エリア]
岡山市・倉敷市・瀬戸内市・総社市・笠岡市・高松市・福山市